乃木坂46の名言歌詞5選!!

2年連続レコード大賞を受賞し、人気メンバーが卒業しているものの、今や日本で1番のアイドルである乃木坂46が、長年言われていたのが、代表曲が無いということ。AKB48はもちろんのこと、後輩グループである欅坂46にも既に代表曲が存在してきます。

しかし、ファンの間では、乃木坂46ほど歌詞が良いと言われているアイドルは無いと言われています。

今回は、そんな乃木坂46の曲から、私個人的に歌詞が良いと思う曲を紹介していきます。

制服のマネキン


制服のマネキン(Type-A CD+DVD) [ 乃木坂46 ]

2012年12月に発売されたシングルで、それまでの清楚なイメージを覆す、クールな曲になっており、乃木坂46の人気に火をつけた曲でもあります。

恋をするのはいけないことか?

僕の両手に飛び込めよ

若すぎる それだけで

大人に邪魔をさせない

恋をするのはいけないことか?

君の気持ちは分かってる

感情を隠したら

制服を着たマネキンだ

恋愛禁止であるアイドルが、恋愛を肯定する曲を歌っているところが素晴らしいですね!



君の名は希望


君の名は希望 (Type-A CD+DVD) [ 乃木坂46 ]

2013年に発売されたシングルで、乃木坂46の初紅白でも披露された曲になっています。

ピアノのイントロから始まる、乃木坂46の代表曲とも言えます。

透明人間 そう呼ばれてた

僕の存在 気づいてくれたんだ

いつの日からか孤独に慣れていたけど

僕が拒否してた

この世界は美しい

こんなに誰かを恋しくなる

自分がいたなんて

想像もできなかったこと

未来はいつだって新たな

ときめきと出会いの場

君の名前は「希望」と今知った

思春期の自分が、孤独になってしまったと思ってしまいがちですが、自分から拒否している世界で、君と出会うことで希望に満ち溢れるという、とても深い歌詞になっています。

やさしさとは

2013年に発売されたバレッタのカップリング曲で、橋本奈々未のセンター曲でもあります。

やさしさとはなんなんだろう?

君に駆け寄る速さか

それとも落ちた涙を

一緒に拾うことか

愛の意味とその価値を

僕は考えたけど

答えが見つからなくて

ただ歩くしかなかった

やさしさとはなんなんだろう?

君を慰める事か

あるいは涙の理由(わけ)を

何も聞かない事か

今さらどうすればいいか

誰か教えてくれよ

正しい答えじゃなくて

今信じられることを

書いてるだけで泣きそうになってしまいました(笑)

個人的に私が1番好きな曲です。心にすごく響きます。

やさしさに正解など無い、そう考えさせられる歌詞になっています。


僕がいる場所


透明な色 (Type-B 2CD) [ 乃木坂46 ]

1stアルバム 透明な色のリード曲であるこの曲は、死んでしまった人の視点から描かれた曲になっています。

だから決めたんだ 僕がいる場所を

部屋の右側の壁の端っこに

悲しくなったらここへおいで

背中つけて

一見、ホラーみたいな歌詞になっていますが、死んでしまって悲しんでいる君を想って、こうするよっていうことなので、凄く胸にきます。

人は永遠じゃ無い 誰も去る日が来る

だけど愛だけはずっと残る

この曲を聞くまでは、死んだ時のことを考えたことなどありませんでした。しかし、確かに人はいずれ死にます。その時にこんな風に思えたらいいなと思えます。

きっかけ


それぞれの椅子 (通常盤) [ 乃木坂46 ]

2ndアルバム それぞれの椅子のリード曲であるこの曲は、Mr.Childrenの桜井さんがカバーしたことでも有名です。

決心のきっかけは

理屈ではなくて

いつだってこの胸の衝動から始まる

流されてしまうこと

抵抗しながら

生きるとは選択肢

たった1つを選ぶこと

これから何しようかなど、大きな決断に迷っている時に、背中を押してくれる歌詞になっています。

私自身も、悩んだらこの曲を聴くようにしています。

一歩踏み出す勇気をくれる歌詞だと思います。



まとめ

まだまだ、紹介したい歌詞はたくさんあるのですが、今回は以上にしたいと思います。

また、他の歌詞も後々紹介していきたいと思います。

皆様の心に響いた曲があったと思います。

私も、紹介しておきながら、泣きそうになっていますが(笑)

今回はこれで終わります。

にほんブログ村 芸能ブログ 乃木坂46へ
にほんブログ村


乃木坂46ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です